事務局便り

◆2013年6月9日 怪我をして体調を崩して、久しぶりの更新です。
今、京都国際ホテル(TEL075-222-1119)で、「被災地へ贈る1000本の木版画展」を開催中です。
6月30日までですので、お近くの方は覗いてみてください。
展示会場では、一口500円の寄付も受け付けています。
お礼に8種類1セットの絵ハガキを差し上げております。
ご協力よろしくお願いいたします。
 

◆2013年2月10日
■こころの復興支援「京を描いた1000点の木版画を贈る」プロジェクトを追加アップいたしました。

■木版画寄贈を希望される施設様の登録申し込みを開始いたしました。

◆2013年1月31日朝日新聞朝刊
【こころの復興支援「京を描いた1000点の木版画を贈る」プロジェクト】が紹介されました。

2013年1月3日京都新聞朝刊
【こころの復興支援「京を描いた1000点の木版画を贈る」プロジェクト】が紹介されました。

 ***********************************

■被災地支援に、今年も大槌町へ7月23日~27日まで行きます。

■第7回現代アートうちわ展7月6日~22日まで開催します。

■ホームぺージ、久しぶりに更新しました。画像をアップしていますので、御覧下さい。

■今日は、「第9回京都学生祭典」の最後の準備で事務局にメンバー集まっての作業です。会場は屋外のテントなのでお天気が心配でしたが、この調子で行くと晴れそうでホーッとしました。(10月7日)

■「京都学生祭典」(10月9日開催)での学生さんとの打ち合わせや、準備で忙しくしています。(9月30日)

■昨日の7月28日夜10時過ぎに東北の被災地から帰ってきました。
支援うちわ1000本の寄贈とうちわのワークショップは、
現地の人たちに喜んでいただけて大成功でした。

詳しくは、池田の個人的ブログ「風を感じて暮らす~真知子の屋上ガーデニングとロハス生活」「1000本のうちわを持って被災地へ」のカテゴリーに書いていますので、よろしかったらお読みください。(8月1日) 

■支援うちわの製作費を一部支援してほしいとの呼びかけが、京都新聞に掲載されました。(7月14日)

■西アフリカのブルキナファソへJICAを通じて、うちわを送り出しました。今回は、届けられるうちわは30本と少ないのですが、ブルキナファソは政情が不安定ということで、JICAの職員の方が届けてくださるそうです。またたくさん届けられるように活動を続けていきますので、不用うちわの寄付もどうぞ、よろしくお願いいたします。(7月13日)

■今日、支援うちわが出来上がってきました。アーティストの作品を内輪にしたので色校正が難しく4回もしてやっと完成しました。きれいですよ。このうちわが東北の被災地へ届きます。(7月7日)

■第6回現代アートうちわ展スタートしました。会場にはうちわがいっぱい溢れています。お気軽にお立ち寄りください。(7月5日)

チラシを作成しました。こちらからもご覧いただけますので、プリントアウトしたりしてご活用下さい。(6月20日)

■東日本大震災支援として、被災地へ1000本のうちわを作って届けることに決めました。(5月14日)

■2010年度の不用うちわの寄付は、京都市立第4錦林小学校はじめ皆様のお陰で約750本になりました。海外への送付先は、また、ご報告させていただきます。  

 

環境フェスティバル2010に子供たちと「凧作り」で参加しました。(12月11日・12日)

 

 

サンケイ新聞の京都版、近畿版に活動が紹介されました。(7月、8月)

■京都新聞に「第5回現代アートうちわ展」と風の活動が紹介されました。(7月17日)

■7月6日~25日 第5回現代アートうちわ展が今年もスタートしました。会場は東山のギャラリー白川です。お近くの方は是非、お立ち寄り下さい。展覧会会場で不用うちわも受け付けています。どうぞ、よろしくお願いいたします。

■7月1日 今年も不用のうちわを寄付していただいて、マラリア発症地域のアフリカや南太平洋の子供を抱えているお母さんに贈ります。皆様ご協力よろしくお願いいたします。

■6月30日 総会も無事に終わり、「うちわでやさしい風を」プロジェクト2009の活動報告ならびに収支報告をトップページのおしらせに報告していますのでご覧ください。ご支援、ご協力ありがとうございました。

■1月5日 ソロモン諸島へうちわを500本贈りました。これで、合計1300本贈りました。

■12月26日 マラリアの発症の多い西アフリカのブルキナファソへ行かれる青年協力隊に参加される看護師さんが事務局に来られました。「竹のうちわ」を現地でっ広めてみたいと「うちわ」を持って行って下さいました。どうぞ、よろしくお願いいたします。

■12月21日 ソロモン諸島でうちわを配布してくださっている皆さんから便りが届きました。
    ソロモンからの現地報告です。にアップしていますので読んでください。

■12月19日 京都市立第4錦林小学校の5年生が「風と人間、風と地球」と題した総合学習を学内発表のためにまとめて発表した時の資料が届きました。上手に、まとめていて感心しました。皆さん頑張ったね。ありがとう。

■12月1日 ソロモン諸島へ「竹のうちわ」100本送りました。

■12月20日 ソロのん諸島でうちわを配布してくださっている皆さんから便りが届きました。
    ソロモンからの現地報告です。にアップしていますので読んでください。

■12月1日 ソロモン諸島へ「うちわ」100本送りました。

■11月21日・22日 京都府環境フェスティバル2009が伏見の竹田のパルスプラザで開催されました。私たちのブースは、入口の右側壁づたいエコカー試乗受付の傍で、とてもいい場所でした。

   

■11月20日 明日から開催の京都府環境フェスティバルの展示に行ってきました。

■11月15日 「竹のうちわ」を寄付くださった皆様全員に、「うちわ」の寄付のお礼と、ソロモンでの青年海外協力隊の皆さんが報告してくださった現地からのお便り、それから21日から開催の京都府環境フェスティバルの案内をお送りいたしました。

■第4錦林小学校の総合学習で「うちわ」チームの子供たちが、ソロモンへ送る「うちわ」を学校全体、さらには地域の皆さんの呼びかけて集まった「うちわ」を授業の後、頂いて帰りました。全部で194本ありました。協力、本当にありがとうございます。

■11月9日 第4錦林小学校5年生の総合学習の授業最終日です。マラリアの話、ソロモンでの電気のない暮らし、ソロモンJICAの青年海外協力隊いの皆さんのお仕事などを勉強。後半は、今回の総合学習の5年生全体での発表をしました。「風と人間・風と地球」と題した8回にわたる総合学習、楽しく一緒に授業できたことに感謝します。

■11月5日 JICAソロモンから隊員さんの報告③が届きました。読んでいて感激です。お便りは、トップページの「ソロモンからの現地報告」に掲載していますので、そちらからご覧ください。

■11月5日 舞鶴にお住まいの会員さんから78本の「うちわ」が届きました。ご苦労さまです。ありがとうございます。

■11月3日 JICAソロモンから隊員さんの報告②が届きました。現地で使っていただけて嬉しいです。お便りは、トップページの「ソロモンからの現地報告」に掲載していますので、そちらからご覧ください。 

■11月2日 第4錦林小学校5年生の第7回の「総合学習」の授業はインフルエンザで学級閉鎖で授業はお休みになりました。 

■10月26日 第4錦林小学校5年生の第6回の「総合学習」の授業に行ってきました。
  今日は、「うちわ」の送り先「ソロモンの暮らし」を学びました。詳しくはこちらから→■

■10月22日 京都の山科区の四度にお住まいの会員さんから50本の「うちわ」が届きました。絵手紙の会の方たちが協力してくださって集めることができたそうです。絵手紙の海の皆様ご協力ありがとうございました。お礼申し上げます。

 ■10月21日~23日 びわ湖2009環境ビジネスメッセで、学校法人鉄鋼学園・産業技術短期大学機械工学科の福田先生のブースに福代表の平瀬さんの風車が展示されました。お近くの方は、のぞいてみてください。
会場:滋賀県立長浜ドーム (JR米原駅・長浜駅よりシャトルバス運行しています。)

    
2009年10月21日~23日 びわ湖2009環境ビジネスメッセでの展示風景。
写真左が平瀬さんの開発した風車。 真中が福田先生の開発された風車です。
写真右が、今回お世話になった福田先生です。

     詳しくは代表池田のブログに書いています。よろしかったらこちらをご覧ください。
ブログ<びわ湖2009環境ビジネスメッセへ行ってきました。>

■10月19日 第4錦林小学校の5年生の第5回「風」の総合学習の授業です。
今日は、前回完成した「白いうちわ」に布切れや千代紙を張ったり、えのぐ等で描い て
「飾りうちわ」と「マイうちわ」を完成させました。(毎回連続4時間の授業です)

■10月13日 ソロモンからうちわの便りが届きました。詳しくはソロモンからの現地報告をご覧ください。

 
病院で、小さな子供さんを抱えるお母さんにうちわが届けられました。

■10月7日 京都市南区の方から、うちわが1本届きました。ありがとうございます。

■題4回10月5日 第4錦林小学校の5年生の「風」の総合学習です。今日、うちわが完成しました。

■9月30日 第4錦林小学校の5年生の第3回「風」の総合学習の授業です。
■9月28日 第4錦林小学校の5年生の第2回「風」の総合学習の授業です。
「うちわづくり」、「風車作り」「モビール作り」今日からスタートです。(毎回連続4時間の授業です)

■9月19日 大阪府寝屋川市の方から「ラジオで聞きました」、と、「うちわ」22本届きました。ありがとうございます。

■9月18日 横浜市の積水ハウス(株)ハウススクエア横浜展示会場様から、「うちわ」が150本届きました。ありがとうございます。

■9月16日 京都市右京区の方から「うちわ」が6本届きました。ありがとうございます。

■9月12日 宇治市の方から「うちわ」6本届きました。お手紙に、『新聞で取り組みを拝見し共感するとともに自分にできることに参加・協力できるならと、少しばかりの内輪ですが送らせていただきます。恵まれている日本の現状を見るにつけ、世界各地では、まだまだ苦しんでいる人たちがいることを通関しています。少しでも、心地よい風が届くことを願って、、、。NPO法人風さんのご活躍を応援しています。』 ありがとうございます。

■9月10日 京都府の木津川市の方から 「うちわ」が18本送られてきました。お手紙に『初めまして、7月26日の京都新聞を見て、屋っと「竹と紙のうちわ」が集まりましたので。私は元看護師です。日本人にはクーラーの生活が当たり前のようになってきて、蚊帳やうちわは邪魔者扱いになってきていますね。まして、竹も高齢化とともに邪魔になり竹炭、竹酢の活用もままにならず、ついには住宅が建てられてしまった地域もある昨今「竹おうちわ」はプラスチク製に代わりこれも当たり前の時代。さびしく思うのは私だけでしょうか。新聞を見て、素晴らしい活動をしている人が京都にいる。私もミニボラしようと、私の木津川市のボランティア仲間に声掛けました。本当に日本人が大切にしてきた文化が病から子供や妊婦さんを守るお手伝いができること嬉しく思います』 本当にありがとうございます。なお、この方は、セータを編んで「世界の子供たちに暖かいセーターを送る会」のことも紹介してくださいました。

■9月9日 京都市立第四錦林小学校の5年生の総合学習の中の4時間、風の話の中でも、「うちわの話」を代表の池田が、「風車の話」を副代表の平瀬が授業をしました。午前中4時間、ワークショップもしながらでしたが、皆さん、よく、長ーい授業を聞いて参加してくださったと思います。次回の27日は「うちわづくり」や「風力発電づくり」をします。(後ほど画像を入れます。)

■9月6日 奈良市の方から、「うちわ」が10本届きました。2日前にも別の方から、「うちわ」の締切の問い合わせのお電話を頂きました。皆さん、ソロモンへ送る「うちわ」のことを覚えていてくださっていて、そのことがとても嬉しいです。ありがとうございます。

■9月5日 京都新聞の『ひと・人・ヒト』に、風代表の池田が紹介されました。

■9月4日 「うちわ」700本を、受け入れ先のソロモンJICAへ送りだしました。 今日現在、事務局に「うちわ」が850本近く集まっています。残りの「うちわ」は、9月末までに集まった「うちわ」と一緒に送り出す予定です。第一陣の送り出しは、思ったよりも遅くなってしまいました。皆様から届いた善意の「うちわ」ですので、現地の方に喜んでいただきたいと、傷んだり古くなってシミのある「うちわ」はできるだけきれいに修復していたためです。また、国際便ですので、荷づくりにも「うちわ」が痛まないように気を付けて梱包するのにも、入れ方を何度かやり直したりと神経を使いました。どうぞ、無事に届いてほしいと思います。送り出せてとても、嬉しいです。ほっとしました。


700本の「うちわ」 20k近い大きな箱、2つになりました。

■9月3日 日本放送のラジオでの「うちわ」の話を聞かれた神奈川県三浦市の大泉寺様から「うちわ」120本届きました。ありがとうございました。

*ラジオで「竹と紙のうちわ」集まりますかと聞かれ、「あるところにはあります。ない所にないんです」とお話しして笑われましたが、本当にそうなんですね。贈って下さる方々は、皆さん10本20本と送ってくださいます。大泉寺様、120本、本当にありがとうございます。

■9月2日 カナダの会員さんからのメールです。
*お元気ですか。
今年は夏らしくないお天気が続いていましたが、いかがおすごしですか?
こちらは今頃になって、良いお天気が続いて、蝉が鳴いています。でも、気温はあまり上がらず、秋の気配が感じられます、、、、。 (どうもカナダでも天候不順のようですね。)

 ■8月31日 スペインから帰ってこられた会員さんから届いたメールです。
*風のオリジナルうちわ2本をおみやげにもっていきました。ひどく喜ばれました。うちわ2本のうち1本は、いつも見舞、看護にいっているスペイン人に上げました。大好評で、あちらでは「パイパイ」といって、そのかたはどこに行くにも手からはなさないほどでした。もう一人は私の先生で、94歳の方に上げました。奥さんが、昨年末になくなり、まだ悲しみの内にありましたが、「うちわ」をお土産ですといって際上げると、今までの悲しみの顔が一変し、うれしそうにほころびました。どのように愛用してくださるのか知りませんが、喜んでくれました。値段の高い凝った扇子も、二、三人の友人に持参しましたが、何しろスペインは、扇子にかんしては、色々な種類があり、日本よりずっと安いものがたくさんあります。しかし「うちわ」は南洋、または、中国からきているのでしょうか、ごく単純なやすっぽいものしか目に付きませんでした。、、、。(以下略)

■8月29日 第1回・第4錦林小学校で「風と人間・風と地球」と題した総合学習の授業がスタートしました。(毎回連続4時間の授業です)


うちわの風は風速何メートルかな?

 ■8月25日 副代表の平瀬さん開発の風車と同じように風車開発をされておられる尼崎産業技術短期大学の福田先生の教室へいってきました。夏休みのキャンパスは、独特の静けさが漂っていました。福田先生の風洞実験室や風車を見学させていただきました。


福田先生が開発した垂直軸の風車。微風の風にもよく回りますよ。

■8月25日 城陽市にお住まいの方から、うちわ17本、郵送で届きました。ありがとうございます。

■8月21日 京都市左京区にお住まいの方が、私はソロモンの生き残りです。「うちわ」を使ってくださいと届けて下さいました。ソロモンは虫が多くてね、、、。貴重なお話しです。ありがとうございます。

■8月20日 長岡京市にお住まいの方からうちわ7本、郵送で届きました。ありがとうございます。

■8月16日 毎日新聞京都市版に「うちわ」の寄付の呼びかけの記事が掲載されました。

■8月15日 東京の日本放送での「うちわ」の話を聞かれたのでしょうか。鎌倉市の方から「うちわ」10本届きました。ありがとうございます。

■8月12日 城陽市に住んでいる「風」の会員さんから「うちわ」が15本届けられました。お疲れ様です。また、南区の方が「うちわ」10本、届けてくださいました。ありがとうございます。

■8月11日 長岡京の方から7本の「うちわ」が送られてきました、ありがとうございます。また、東山区のお知り合いの方から6本の「うちわ」をいただきました。ありがとうございました。

■8月9日 ビルの玄関に「うちわが」17本。留守していた間のことです。せっかく持ってきてくださったのに、申し訳ない思いです。このホームページをご覧にもしなっていましたら、ソロモンでの現地報告などを差し上げたく思いますのでご住所をご連絡いただけましたらありがたいです。

■8月8日 毎日新聞・丹波・丹後版に「うちわ」寄付の呼び掛けの活動が紹介されました。これは、舞鶴に住んでいる会員さんの働きっかけで実現しました。ありがとうございます。

■8月8日 中京区の方から12本の「うちわ」が届きました。お手紙に「京都新聞の記事を読みました。うちわを送らせていただきます。少ないですが、お役にたてられれば嬉しいです」。ありがとうございます。

■8月7日 西京区の方から23本の「うちわ」が、また、城陽市のかたが5本「うちわ」を届けてくださいました。ありがとうございます。

■8月6日 長岡京市の方がきれいな「うちわ」を6本、郵送で送って下さいました。お手紙に、「頂き物のうちわ、きれいなので捨てるにもったいなくて置いてありました。お役にたつのなら役立ててください。」と。本当にきれいな「うちわ」でした。この日は守山市の方からは、23本の「うちわ」が送られてきました。ありがとうございます。

■8月5日 中京区に住んでいる「風」の会員さんから、集めた「うちわ」50本が届けられました。彼女は7月にも36本届けてくれました。本当にご苦労さまです。また、この日は、南丹市にお住まいの方から、「うちわ」6本が届きました。ありがとうございます。

■8月4日 下京区にお住まいの83歳の方が、ご近所の方にお声をかけてくださって、50本の「うちわ」を持ってきてくださいました。暑い中本当にありがとうございます。また、北区の方からは奇麗に修理した「うちわ」が2本、お手紙を添えて送られてきました。お手紙には「20数年前のうちわを自前で張りかえました。見栄えは良くありませんが使ってください。両面、和紙を使っています。これで、少しでも、感染が防げるとことを願っています。」と。

■8月3日 東京で「大津絵のうちわ」などを販売されている方が、新聞を読まれた大津にお住まいのお母さまから聞きましたと、楽しい大津絵の「うちわ」を2本とその他3本、合計5本を、郵送で送って下さいました。ありがとうございます。また、南区の方からは、「うちわ」が10本届けられました。ありがとうございます。


送られてきた「大津絵のうちわ」です。

■8月1日 雨の降る中を伏見区の方が「うちわ」10本届けてくださいました。また、下京区のかたが10本、届けてくださいました。ありがとうございます。

■8月1日 東京の日本放送ラジオの番組から「うちわ」の話で取材がありました。放送日はいつ日は分かりませんが放送されるようです。

■7月31日 京都市内にお住まいの83歳の方がご近所さんにお声をかけて「うちわ」50本、届けてくださいました。本当に暑い中ありがとうございます。

■7月30日 滋賀県の野洲の方から、うちわが25本送られてきました。ただ、残念なことに全部「プラスチックうちわ」のためソロモンへは送ることができません。せっかくの思いをお届けできなくて、とても残念です。また、また、この日は北区の方からも5本の「うちわ」と一緒に、お手紙がはいっていました。「京都新聞で記事を四美馬hした。少しですがお役にたてれば幸いです。古いものですみません。」 ありがとうございます。

■7月29日 大山崎にお住まいの方から郵送で「うちわ」3本届きました。城陽市の方がご夫妻で「うちわ」を11本届けてくださいました。皆様ありがとうございます。

 ■7月28日 京都市右京区の方から郵送で「うちわ」18本届きました。そえられたお手紙には「この度はご苦労さまです。古い物もありますが、一応、送らせていただきます。毎年、お盆にいただいたものです少しでもお役に立つ事を祈りつつ、、。」必ずお届けいたします。ありがとうございます。また、大津市の方が、事務局に「うちわ」を20本、届けてくださいました。ありがとうございます。

■7月27日 早朝、KBS京都ラジオの「噺の朝ごはん」コーナー「うちわ」の寄付の呼びかけで、生放送出演しました。

■7月26日 京都新聞で「うちわ」寄付の呼びかけが掲載されました。

■7月18日 会員、その他お世話になっている皆様に、「うちわ」の寄付のお願いをチラシと一緒に発送。

■7月8日~8月2日まで現代アートうちわ展を開催しています。うちわをもっと身近に親しんでいただきたいと作家の皆様の協力のもとに開催して今年で4回目。会場は風の事務局が入っているギャラリー白川です。

■7月13日 予定より遅れた「うちわ」寄附呼び掛けのチラシが、やっと刷りあがってきました。

■7月13日 まだ不完全ですが、どうにかホームページをリニューアルしました。気持ちを新たに、活動を皆様にお知らせしていきたいと思います。

                                      NPO法人風 事務局