NPO法人風からの「風と暮らし」の提案

夏を涼しく、エアコンを止めて自然の風を取り入れて!

昔から日本の住まいは蒸し暑い夏をのりきるために様々な工夫をしてきました。京の町屋には今もそんな暮らしが息づいています。窓を閉め切って一日中エアコンを効かせて過ごすのでなく、この夏を涼しく過ごす工夫をして元気に過ごしたいですね。そこで、『夏を涼しく』というテーマで、いろいろ考えてみました。
 

風通しを考える。
エアコンを止めて、窓を開けて風を通すだけで、随分涼しいものです。昔の日本の家屋では、夏を涼しく過ごすために障子やふすまを外し、すだれをかけて、夏がやってくる前には模様替えをしました。すだれは、今は軒下にかけますが、昔は風を遮らないように部屋の間仕切りとして使われていました。窓を開けたら忘れてならないのは、風の抜ける道を作ることです。風が流れやすくなるように対面の窓を開けたりして風の流れを作ることも忘れずに。

風の通り道を見つけましょう。
家の中には、必ず風の通り道があるものです。ご自分の住んでいる家の風の通り道、知っていますか。さーっと爽やかに吹いてくる風の通り道を見つけたとき、何となく嬉しい気持ちになります。もし、その流れを止めている家具やふすまや障子があればそれを外すと、風が流れ始めます。思い切って模様替えをしてみるのもいいですね。”風の通り道”素敵な言葉ですね。

部屋をシンプルに使う!
家具を目線より低くして、見た目にも暑苦しくないようにするだけで何となく涼しく感じます。

障子、ふすま
障子やふすまは、マンションなどの建物では気密性が悪いと使われなくなってきましたが、障子やふすまのすきまは、自然に喚気をしてくれるので、多湿な日本の夏にあった伝統的な日本の建具です。上手に住まいにもう一度取り入れて住まいに復活させたいですね。

すだれ
昔は夏になると、風通しをよくするため、障子や襖をはずして室内を広くし、かわりに“すだれ”をかけていたものです。細い竹や葦などを組んで作られた“すだれ”は、見た目も涼しげで、間仕切りとしても使えるので夏のインテリアとしても上手に使いたいです。

よしず
「よしず」は葦などの天然素材で作られていて熱を伝えにくいのと、軒下に立てかけて使うと地面から軒下までの間が離れているので、ブラインドよりも涼しく過ごせます。

うちわ
風速1メートル増すごとに体感温度は1度下がるそうです。うちわの風が秒速2メートルとすると体感温度は2度下がることになります。

打ち水
熱くなっていた地面に打ち水をすると、打ち水された水が地面から蒸発するときに熱を奪い温度が下がったことで気圧に差が生じることで風が起きます。例えば、アスファルトの上の温度が50度で、気温が30度とすれば、打ち水をした後、アスファルトの上の温度が15度下がれば、その周りの空気の温度が下がり、その温度差で風が起きます。打ち水は風を起こすのです。だから、打ち水や夕立の後は涼しくなるのです。 ★雨水を貯めて屋根の上や道路に撒いたら効果がありそうですね。

木陰をつくる。
窓の近くに植木を植えて木陰を作ると涼しくなります。アメリカのカリフォルニアで電力不足が深刻な時、電力会社が各家庭に植木をただで配って植木を植えてもらったところ、エアコンの消費電力が下がったそうです。

エアコンの室外機
日のあたるところにあるならよしずなどで覆って、日陰を作りましょう。

屋根裏換気
屋根裏に換気扇を付けて、熱くなった貯まった空気を外に出します。アメリカの友人の家では、そうやって、熱くなった空気を喚起していました。

風鈴
風の流れるところに風鈴をつるしてみては如何でしょうか。風鈴の音色は一つ一つ違うので、必ず音を聞いて、自分が涼しいと感じる音を選ぶことが、風鈴を買うときのコツです。ただ、夏が終われば取り外すのを忘れないで下さいね。


最近は畳の部屋が無いところも多くなりましたが、保温、防音効果だけでなく、じめじめし湿気を吸い込み、晴れた日にはそれを吐き出す調湿作用があるので、多湿な日本の生活にはよく合っています。フロアには花ござを敷いたり、中心だけに2~3畳サイズのものを敷くだけでも効果があります。また、寝具には寝ござを使ってみるのもいいものです。畳独特の懐かしい香りと冷んやりとした感触が寝苦しい夜を過ごしやすくしてくれます。

いぐさ
いぐさは湿気の多いときには湿気を吸収し、乾燥しているときには湿気を発散するので、日本の夏の暑いときには涼しく過ごせる素材です。枕やマットなどをいぐさに変えると、過ごしやすくなります。


麻は、通気性と吸水性に優れているので、汗をかきやすい夏にピッタリな素材です。枕カバーやシーツなど寝具に麻を取り入れると、涼しく眠れます。8世紀に中国から傍が入ってきたときに、そば殻枕が考えられたそうです。昔は5月になると、枕をほどいて、枕の中のそばがらを庭先などで干したそうです。夏を迎える前の風景の一つでした。

せせらぎ
川の流れの音などを聞くと、α波が出てリラックス効果が高まるそうです。そんな音を生活空間に流したりして過ごすのも涼しさを感じる過ごし方といえるようです。水を張った器の中に、葉っぱやお花を浮かべるだけでも見た目にも涼しさを演出できます。

金魚
金魚鉢野中で泳ぐ金魚。涼しげですね。ただ、置くときは日が当たらない気温の低いところに置いてあげてくださいね。

 

湿気が多く蒸し暑い日本の夏。そんな夏を少しでも涼しく過ごすため、人々は様々に工夫を凝らしてきました。エアコンに頼らないで先人の知恵を暮らしに取り入れ、夏を快適に過ごしたいものです。皆さんも、涼しく過ごすアイデア、教えてください。お待ちしています。
 

●夏を涼しく過ごすアイデアはこちらから送って下さい。